未分類

歩行者同士の事故で賠償を求めることが可能?79歳女性転倒し後遺症残り女子生徒に約790万円賠償請求。

歩行者同士の事故で賠償を求めることが可能?79歳女性転倒し後遺症残り女子生徒に約790万円賠償請求。

ーーーーーーーーーーーーー

徒歩同士のぶつかり、79歳女性転倒し後遺症残る。女子生徒に約790万円賠償請求。この判断に疑問を感じる。過失割合が女子生徒に多くないか?

歩行者同士の事故で賠償を求めることが可能?

歩行者も信号を遵守したり、他の歩行者とぶつからないように前方を見て歩かなければならないと考えられています。

したがって、この義務に違反したと評価できる場合には、民法709条の不法行為責任が成立すると考えられます。

まとめ

徒歩同士の接触事故による、損害賠償問題は誰にでもあり得るということだ。高齢化社会に突入したこの時代は本当に気をつけないと、思わぬ出来事を引き起こす。

https://koutsujiko.daylight-law.jp/qa/qa83/ 引用 弁護士法人デイライト法律事務所 パートナー弁護士

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b87a8bbb9d073f9efd6feed70675cae71292930 引用 Yahoo!ニュース

 

 

 

ABOUT ME
slowly.cloudwind@gmail.com
何の取り柄も無いサラリーマンの揺木八千です。ニュースやTVを一切見なかった男が将来を見据えてこれから皆さんと一緒に情報を共有していきたいと思っています。なんと言っても情報は命。そして知る事は楽しい。脱サラ目指して毎日奮闘中。