事故

足立|新田さくら公園|舗装工事施工業者はどこ?会社は?鉄筋の棒で中学生15針けが!

6/2東京・足立区の新田さくら公園で遊んでいた中学生が転倒した際、地面からでていた鉄筋の棒にあたって、膝下を15針縫うケガをしたということです。

場所は?

新田さくら公園 〒123-0865 東京都足立区新田3丁目34−34番−1号

なぜ?

鉄筋の棒は、園道を舗装する工事の際に地中に埋められ、施工業者が抜き忘れたと考えられるもので、これが地面に露出して事故につながったとのことです。

公園では定期的に清掃や点検が行われていましたが、この棒には気付かなかったということです。

他にも鉄の棒が存在した?

事故を受け区が園道を調査したところ、地中から、ほかに3本の鉄筋の棒と鉄製の杭が1本見つかったということです。

公園を施工した業者はどこの会社なのか?

足立区の公園の施工業者を調べてみると、10社以上あり特定することが出来なかった。各社施工に携わった公園の紹介だったりを乗せてはいるが新田さくら公園は見つからなかった。

まとめ

小さい子供を持つ親はとても心配なニュースとなった。おそらく他の公園も調べに入ると思うが、同じような事が無いように願うだけだ。

ABOUT ME
slowly.cloudwind@gmail.com
何の取り柄も無いサラリーマンの揺木八千です。ニュースやTVを一切見なかった男が将来を見据えてこれから皆さんと一緒に情報を共有していきたいと思っています。なんと言っても情報は命。そして知る事は楽しい。脱サラ目指して毎日奮闘中。